自分に合った育毛とは!?気軽にできる方法を紹介

自分に合った育毛を実践しよう

育毛対策を実践してもすぐに効果が出るわけではなく、実感するには数ヶ月を要することが多いです。それゆえ短期間では育毛ケアの相性はわからず、1~2ヶ月実践して変化がないとやめてしまう方が目立ちます。自分に合った方法かどうか判断するには、6ヶ月の継続ケアをおすすめします。市販の育毛剤の説明書を見ても6ヶ月の継続使用を勧めているものが多いですが、これは6ヶ月使えば効果がわかるという意味です。まったく変化がない場合は他の育毛法に変えて、また6ヶ月継続してみるのが得策です。薄毛のタイプや体質によって最適な方法は変わりますが、肥満やオイリー肌・冷え性などは総じて薄毛の原因になります。自覚している方はこれらの症状を改善することから始めてみましょう。

生活習慣を改善して育毛促進を

育毛とは身体の内側から髪を育てる行為であり、育毛剤の使用に加えて生活習慣の改善もしていく必要があります。毛母細胞を元気にするには質のよい睡眠が必須であり、睡眠不足はストレス性の薄毛の原因になります。ヘアサイクルが乱れることで髪の成長期が短くなり、太く長く成長する前に抜けてしまうのです。ヘアサイクルを正常化するには睡眠リズムの改善が必須で、早寝早起きを意識することが重要です。頭皮がオイリーの場合は脂漏性の脱毛症の原因となるので、脂肪分の少ない食生活を意識してみましょう。植物性のタンパク質を多く摂取すること、暴飲暴食や欠食をしないことなども重要です。運動は新陳代謝を活発にするメリットがあり、育毛を促進する上で役立ちます。

薄毛で髪の毛を増やしたい場合は、育毛剤にばかり頼らず、食生活の改善やストレス発散なども並行して行う必要があります。