シミの正しい予防方法は?できてしまった場合の対処法についても解説

シミって一体どういうもの?

シミとは、メラニンが肌に密集して、通常の肌の色よりも濃く見えてしまう部位のことです。肌の老化や紫外線などの影響で、シミが目立ってきてしまうことが多いのですが、このシミは予防することができます。

シミの正しい予防方法は?

まずは、紫外線対策を行うことです。若いうちは日焼けをしても、あまり肌に変化は見られないことが多いです。しかし、年齢を重ねるごとに、蓄積されたダメージがシミとなって肌に現れてきてしまいます。そのため、若いうちからしっかりと日焼け対策を行っておくことが予防法の1つです。

更に、肌のケアを怠らないことも大事です。肌は乾燥しやすいため、しっかりと保湿をすることによって、肌の老化を防ぐことができるのです。

食生活の乱れも、シミの原因となる場合があります。そのため、毎日の食事もバランスよく摂ることがとても重要になってきます。食事だけでなく、睡眠や喫煙、飲酒などにも十分注意することが大事です。

シミができてしまったらどうするの?

しみができてしまった場合には、消すための方法がいくつかあります。

まずは、クリームなどを使って見えにくくする方法です。クリームを使うことで、シミを目立たせなくすることができます。しかし、完全に消えるというわけではないので注意が必用です。

完全に消すためには、レーザー治療がおすすめです。レーザーを使ってシミを取り除くことで、シミをほぼ完全に取り除くことができる場合もあります。ただし、費用が掛かったり、リスクが伴う場合もあるため、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

シミとは、メラニンという色素が沈着したもののことを言います。紫外線を浴び続けることで出来る日光黒子が最も一般的です。